レンタカーと引っ越し業者への依頼するメリット、デメリット

MENU

レンタカーと引っ越し業者に頼むかどっちがいい?

引っ越しをする際、引っ越し業者に依頼する他に、レンタカーを借りて自分で積み込みなどを行う方法があります。
一般的には業者を使うものですが、学生などは費用を抑えるために軽トラを借りて自分で引っ越しすることも多いです。

 

レンタカーを使って自分で引っ越しするメリットとデメリット

レンタカーで引っ越しを行うメリットについて見ていくと、やはり安いのが一番です。
軽トラならば、1万円ほどで借りることができ、それ以外の料金は一切かかりません。

 

また、全国チェーンのレンタカー屋を利用すれば、遠方利用でも引越し先で乗り捨て可能です。
1日単位のレンタルだと料金は高くなりますが、それでも業者に頼むよりはかなり安いです。

 

また、日程や時間が組みやすく、すべての作業を自分で行うので安心です。

 

一方、デメリットについて見ていくと、例えば一人暮らしの引っ越しであっても、大型家電などを運ぶには最低でも男2人が必要になります。

 

また、大型の家具屋家電を運ぶ際には、慣れてないと事故や家具の破損が起こりやすいです。

 

他にも、業者では不要品回収など、補助的なサービスが使えますが、こちらではすべて自分で行うことになります。
手間と時間は結構かかってしまうと考えておきましょう。

 

引っ越し業者のデメリットとメリット

デメリットとしては、費用がレンタカーと比べれば何倍もかかります。

 

引越し業者のメリットについては、時間も労力もかからないのが一番です。
同県内ならば半日ですべて完了します。

 

遠方であっても、移動の時間を除けばあっという間に作業は終わってしまいます。
また、荷造りからしてくれる業者も多く、運び出しの手間は一切かかりません。